札幌医科大学電子申請サービス

札幌医科大学への申請や申請用紙のダウンロードを行うことができます。
文字を大きく 文字を標準へ 文字を小さく

事前準備

電子署名、電子証明書について

電子署名について

紙での申請における押印に相当する行為を電子的に行う技術です。
間違いなく本人から送信されたものであるということを確認するため、成りすまし(第三者が申請者のふりをして申請すること)やデータの改ざん(第三者が内容を書換えること)を防ぐために使用します。

本サービスで電子申請に電子署名を付与するためには、以下の準備が必要となります。

(1) 電子証明書の取得 公的機関や民間事業者の認証局から発行されている電子証明書を取得します。
本サービスでは「電子証明書について」に記載されている電子証明書が利用可能です。
また、証明書によってはICカードリーダや認証局が発行するクライアントソフトが必要な場合があります。
詳細は「電子証明書の準備」をご参照ください。
(2) 電子署名プログラム(アプリ)のインストール 本サービスで電子署名を行うための電子署名プログラムをインストールします。
パソコン版電子署名プログラムのインストール方法は下記をご参照ください。
  • Microsoft EdgeのInternet Explorerモード版:「Internet Explorerモード版電子署名プログラムのインストールについて
  • (Microsoft EdgeのInternet Explorerモードは一部機能に対応していない場合があります。)
  • Google Chrome版:「Google Chrome版電子署名プログラムのインストールについて
  • Microsoft Edge版:「Microsoft Edge版電子署名プログラムのインストールについて
  • 電子証明書について

    「電子署名」を検証する際に必要となるもので、本人確認のために利用される「印鑑証明書」の役割を果たします。
    電子証明書は、信頼される第三者機関が発行する電子的な証明書で、ICカードなどに保存されています。
    詳細については、以下の各認証局のホームページをご覧ください。

    電子証明書の準備

    電子証明書が必要となる場合について

    電子申請サービスなどのインターネットを介した行政手続では、他人による成りすましなどの不正防止のため、厳格な本人確認の必要な申請手続については電子署名を求めることが原則となっています。
    本サービスにおきましても、電子申請にあたって電子署名が必要となる手続きがあります。
    こういった手続きをご利用の場合には、下記で説明する電子証明書のご準備をお願いいたします。

    商業登記に基づく電子証明書

    商業登記に基づく電子証明書をご利用の方は、以下の手順にて電子証明書をブラウザに登録してください。
    ここでは、Windows 11の場合の手順を説明します。

    〈手順〉

    1. スタートメニューから、「コントロール パネル」を検索し、開きます。
    2. 【ネットワークとインターネット】→【インターネットオプション】とクリックします。
    3. 【コンテンツ】タブの 証明書欄から【証明書(C)】をクリックします。
    4. 【インポート】をクリックし、【証明書のインポートウィザード】を開始します。【次へ】をクリックします。
    5. 【参照】をクリックし、ファイルの選択画面で、入手した電子証明書を選択して【開く】をクリックした後、【次へ】をクリックします。
    6. パスワードを入力し、【このキーをエクスポート可能にする】を選択後に、【次へ】をクリックします。
    7. 【証明書の種類に基づいて、自動的に証明書ストアを選択する】を選択後に、【次へ】をクリックします。
    8. 【証明書のインポートウィザード】が終了しますので、【完了】をクリックします。